mindscape blog
by mindscape-ltd
シンガポールの空中庭園 その2 マリーナベイサンズ
a0073387_17275455.jpg
シンガポールの中心部、マーライオンが置かれたマリーナベイの対岸に、シンガポールの新たなランドマークが2009年に誕生した。このマリーナベイサンズの3棟の高層棟の頂部に載せられた全長340mの空中庭園という姿は、世界でも屈指の象徴的な空中庭園が実現したと言ってよい。マリーナベイサンズ自体は、2500室のホテル、低層部にコンベンションセンター、ショッピングモールに加えて、カジノ、アート&サイエンスミュージアム(建設中)、2つの劇場(建設中)、2つの浮き島パビリオン(建設中、ブランドショップが入居予定)などからなる複合的レジャー施設となっているが、誰もが間違いなく、この空中庭園に最初に目を奪われ、まずは行きたいと思わせる、そんな力強い姿である。これこそ「屋上緑化」でも「屋上庭園」でもなく「空中庭園」と呼ぶに相応しい。
a0073387_17273912.jpg
a0073387_17273444.jpg
スカイパークと称する空中庭園は、56、57階部分(地上約200m)、全長340m(プールは全長150m)、幅40mで総面積12,400㎡。北側が建物本体よりも67m突き出している。当初南側も同程度突き出す予定だったようだが突き出しはなくなった。ロイヤルパーム、デイゴ、黄槿など約250本の高木が植栽されている。長手に半分がプールで、もう半分が木陰の休憩スペースとカフェなど3つほどペントハウス風の建物が置かれている。北側の突き出し部分は、ホテル宿泊者以外にも公開されている展望スペースである。プールのエッジがシンガポールの高層ビル群のスカイラインに連続したつくりとなっている部分が、とにかく見事。340mの長さは、どれほど変化が無いものの天空の緑陰空間としては十分に気持ちが良い。
a0073387_17271812.jpg
a0073387_17271237.jpg
a0073387_1727668.jpg
a0073387_1727112.jpg
a0073387_17262594.jpg
a0073387_17261412.jpg
a0073387_1726413.jpg
a0073387_17255616.jpg
a0073387_17255211.jpg
なお、ホテルに隣接したマリーナベイエリアには、シンガポール植物園が建設中で、2011年中に第一期がオープンする予定である。(スカイパークからは、建設中の貝の形の温室2棟と、大木の形をした大きな柱のモニュメントがよく見える)
a0073387_17233349.jpg

[PR]
by mindscape-ltd | 2011-01-31 17:36 | travel
<< テオ・ヤンセンのディテール シンガポールの空中庭園 その1... >>


link
Mindscape
以前の記事
ブログパーツ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧