mindscape blog
by mindscape-ltd
<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
mindscape travel_08
ウェスターガスファーブリック

アムステルダム中心部から北西に2kmほどの場所、約10ヘクタール程のガス工場跡地に2003年、「文化」をテーマとする公園がオープンした。公園と言っても、イベントスペース、映画館、オフィス、そしてバーにレストランなどを擁する複合施設である。ホームページを見ると、全く公園らしからぬ、エンターテイメントな雰囲気で、公園内で開催されているイベントのリストがずらりと並んでいる。
a0073387_2335510.jpg
a0073387_2333275.jpg

全体のコンセプトを「カルチュア」と「クリエイティブ」とし、工場としての建物が、60〜2500平米までの様々なイベントスペース、会議場、劇場などに改装し、時には屋外でのさらに大規模なイベントまでも含めて、貸出しを積極的に進め、公園の運営資金としていることが分かる。
a0073387_2332118.jpg

しかし、日中イベントのない時にこの公園を訪れると、なんとも長閑で平和な雰囲気を漂わせている。このランドスケープは、アメリカのランドスケープアーキテクト、キャサリン・グスタフスンである。近年、WEST8を筆頭に、かなり元気の良いオランダのランドスケープの中で、かなり大人な、清楚さがデザインされている。シンプルに大きな芝生面と直線的な水の流れ、それもアムステルダム風の運河ではなく、より親水性の高いせせらぎである。また、保存されたガスホルダーの周りは、ワイルドな葦の湿原が広がり、心地よい緊張感の漂う、大らかな空間が完成している。
a0073387_2334423.jpg

つまり、活発なこの公園アクティビティそのものと公園のデザインは、巧みに切り離されており、決してランドスケープデザインが、イベント的なアクティビティを誘発したりはせず、イベントをテンポラリーな要因として冷静に横に見て、あくまで緑と水を根源的にシンプルにデザインするという態度をとっているのだ。

また、ガス工場跡地といった歴史的、地理的コンテクストも、利用したり、補完したりもせず、例えば残された古い建物群と公園のランドスケープは、適度な対峙関係を構築しているように思える。決して無視をしているわけではないが、すり寄ることもせず、レイアウトとしてのバランスは見事に整っているものの、ある種の不調和、しかも、見ていて決して不快ではない、不協和音のような緊張感がある。例えば、これはWEST8のスコーブルグプレイン(ロッテルダム)と極めて対照的である。勿論、ロケーションやポテンシャルは異なるが、広場内には、ベンチとクレーンのガントリーを思わせるフォリー以外に要素は無いものの、明らかに都市のアクティビティと関連づけられた舗装パターンや、ロッテルダムの場所性を斬新に翻訳している鉄のフォリーは、やはりアクティビティとコンテクストに対する深い敬意が読み取れるが、ここでは、公園という原初的な体験、どこまでも奇麗な水と緑という要素が、一瞬アムステルダムにいることを忘れさせるような場所としている。
a0073387_234645.jpg
a0073387_2342019.jpg

[PR]
by mindscape-ltd | 2008-09-24 23:08 | travel
mindscape travel_07
マドリッド・アトチャ駅

マドリッド・アトチャ駅は、スペインの大動脈、セビリアとバルセロナを結ぶ、AVE(新幹線)の発着駅、レンフェと呼ばれる近距離の通勤電車、地下鉄などが連絡するスペイン最大のターミナル駅である。古いスペイン語で「南」即ち、「南駅」という意味のアトチャ駅は、1851年にマドリッド初の駅としてオープンする。しかし、一旦は
火事で焼失、1892年再オープンすることとなる。この際に造られた駅舎が今日でも残っている。プラットフォームを覆う駅舎建築は、ギュスタフ・エッフェル(エッフェル塔の作者)の弟子で、スペインでも多くのガラスと鉄の建築や橋などを手がけている、アルベルト・エリサーニュの作である。幅50メートル、長さ150メートルの巨大な鉄のアーチの頂部にガラスが入れられ、そこからスリット状に光が差し込む。19世紀らしい造り、今では哀愁すら漂うチャーミングな駅である。
a0073387_2138212.jpg

この駅舎はしかし、都市マドリッドの発展と共に手狭となったため、1992年、AVEや中距離列車の発着する8本のプラットフォームを擁する新しい駅舎が南に隣接して生まれ、近距離電車は地下に入れられた。新駅舎の設計は、ラファエル・モネオである。そして古い駅舎は、屋根をそのままにして、熱帯植物園となったのである。その周りにはカフェや店舗、ナイトクラブが入り、まったく新しい駅のスタイルを完成させたのだ。日本であれば、大都市のど真ん中、主要ターミナル駅の巨大面積をジャングルにするという発想は、どう逆立ちしても絶対に出せない。すかさず取り壊し→高層化→ショッピングモール(しかもテナントはメジャーチェーン店)というパターンに流れるしかない。
a0073387_21383194.jpg

a0073387_2138404.jpg
a0073387_2138507.jpg

駅に降り立って、最初に目にする空間が、19世紀末の趣を残す大きなアーチ屋根の下の熱帯植物園、屋上から鉄のフレーム越しに柔らかな光が射し、霧のシャワーが時々降り注ぐ。そこに巨大なヤシや湿生植物、これは間違いなく世界で一番洒落た駅の演出である。地中海気候の地に多湿の熱帯植物?と、冷ややかに見る向きもあろうか知れぬが、所詮は、乾いた大都市のド真ん中である。しかも、わざわざ入場券を買って植物園に行くのとは訳が違う。長旅の列車から降り立ち、知らずのうちにジャングルの中に迷い込むのである。どの旅行者も、まずは荷物を置き、植物たちの脇に腰掛けて、一息ついているはずだ。

残念なことに、2004年3月、この駅の地下を通る近距離通勤電車を狙ったテロが勃発、191人が死亡、1700人がケガをする惨事となってしまった。その日以降数日間に渡り、殺戮現場と化したアトチャ駅をテレビで見せられ、悲痛な思いであった。(yng)
a0073387_2139452.jpg
a0073387_21392310.jpg
a0073387_2139353.jpg

[PR]
by mindscape-ltd | 2008-09-24 21:53 | travel
rooftop party
最近仕事をご一緒させていただいている広告イベント制作会社オムさんが来社。
洗足ビル同居のCGアーティスト季里さんとご友人の方々、日頃お世話になっている方々、香港から来日したデザイナーTim氏を交え、ささやかながら屋上でビアパーティが開催。(先週の出来事)

陽が落ちて風も涼しくなった屋上で、芝生に寝転び、夜景を眺めつつ飲み語らう。
普段ご近所以外の方へ披露する機会が少ないマインドスケープの屋上が、
久しぶりに "屋上らしく" 活用されることとなりました。
a0073387_2126342.jpg
日々芝生の手入れをしながらも、夏場は暑さのために日中ほとんど屋上へ上がることができません。(芝生の水やりは日中行なうと芝が焼けてしまうため、早朝か夕方に行ないます。)当たり前のことではありますが屋上空間を有効に活用するには、日が沈んでからの涼しい時間帯が最も適しています。

夜景を眺めながらビールを飲む、ということ以外にも、例えば仮設のスクリーンを張って映画の上映会をしたり、近隣から苦情が来ない程度に音楽の演奏会なども出来るはず。プライベートな屋上空間には、公共の公園や大都市の街路などの屋外空間とはまた異なった空間の可能性があります。(saito)
[PR]
by mindscape-ltd | 2008-09-09 21:38 | daily
mindscape travel_04
キーブル・パレス

グラスゴー植物園は、グラスゴーのウェストエンド、グラスゴー大学の北の外れ、学生街と高級住宅地のボーダーのような位置にある。私が十数年前にここを訪れた時は、とてもエレガントなフォルムを見せながら、ボロく朽ちかけた温室があったのを覚えている。この温室が2006年に140億円をかけて大改修されたと聞いていたので、いつか訪れてみたいと思っていた。
a0073387_22172483.jpg
a0073387_22171527.jpg

この温室、通称「キーブル・パレス」と呼ばれ、元々19世紀、ビクトリア時代の発明家であり、エンジニアであったジョン・キーブルが設計し、建設したものである。このキーブルとは、河を走るための自転車や、世界最大のカメラを発明したことで、スコットランドでも語り継がれる変わり者である。キーブルは、1869年、この温室を最初に自身の家のあるロッチロングという場所に建てるが、1872年、植物園に寄贈をするべく、解体し、船に乗せ、50km離れたグラスゴーに運び、さらに中央のドームの直径を拡げ、手前に小ドームと2つの側廊を加えて建て直した。
a0073387_22165478.jpg
当初は、コンサートなどのイベントホールとして使われたのを、1881年、借地権を得たグラスゴー王立植物学協会が、主にオーストラリアのシダ類の展示温室として使用をはじめる。それに交えてバショウ(Japanese Banana)、シャクナゲ、ツバキ、今日では、小ドームに多肉植物と食虫植物のコレクションもある。今回の大改修も、一旦丁寧に解体された後、ヨークシャーに運ばれ、主要部のビクトリア時代の鉄の柱のいくつかは、鋼材に置き換えられ、組み立て直されている。
a0073387_2217518.jpg

この温室のデザインは、ビクトリア時代の作にしては、スッキリとエレガントなフォルムをしていて、装飾的要素も控えめである。キューガーデンのパームハウス(1848年完成)に、似ていなくもないが、中央の円形ドームのダイナミックな空間は、むしろこちらが勝っているように思える。超有名なジョセフ・パクストンのクリスタルパレスが、1851年にお披露目された後、ヨーロッパとアメリカで、温室建築が次々建てられる。規模が世界最大級のコテコテのビクトリアンなキューガーデンのテンペレイトハウス(1863年)や、欧州一エレガントと評されるベルギーのラーケン王立植物園の温室(1890年完成)、これらと同時代と考えても、全く見劣りがしない。

この温室、日没の早い冬は、午後3時くらいから照明が灯り、外から温室全体が発光体のように見えるそうである。
a0073387_22173796.jpg
(yng)
[PR]
by mindscape-ltd | 2008-09-04 22:35 | travel
mindscape travel_03
ヴィランドリー城の菜園

ロワール河一帯に点在する中世の城館のひとつ、日本人にもたいへん人気の観光地である、このヴィランドリー城は、1536年、フランス国王フランソワ1世の財務大臣を務めたジャン・ル・ブルトンによって築城されるも、付属する露壇型のルネサンス様式の庭園がツーリストをことのほか来訪者を楽しませている。「菜園」を十文字など整形区画に栽培する手法も、中世の修道士の伝統そのものであるから、中世からルネサンス期の遥かな時間軸を遡るのに絶好の空間であるかに思われる。しかし、この庭園の解説を丁寧に読むと、20世紀初頭に大規模な造成工事がなされ、現在の庭がデザインされ、つくられたということが記されている。
a0073387_2215713.jpg
整形の区画の中にボックスウッドのマッシブでシャープな塊と、その中に繊細かつ多彩に、そして生き生きと育つ、野菜や花々。この厳格かつ精緻な構成、作りと、その維持には、全く感服するしかない。野菜の苗をこれほど嘆美に見せる庭はほかに例がない(日本の畑でも、精緻な畝の造りに時々感心することはあるが)。もちろん、野菜であるから、春と秋に2回の植え付けと収穫をイベントとして執行し、その野菜は、訪問客にも振舞われるという。赤キャベツ、青色の葉のニンジン、大葉のテンサイなど、葉の色彩、大きさ、形状、テクスチュアの差を丁寧に区分し、レイアウトしている。またこの配植は、連作障害を避ける為に毎年変えられているのだ。
a0073387_2221029.jpg
緊張感さえ漂うこの庭を維持するのは、10名のフルタイムの庭師に、植え替え、刈り込み時の数名の臨時の庭師である。ヴィランドリーに限らず、フランスの多くの庭園は、政府の補助と一般の寄付を交えて、ギリギリに維持されているところが殆どとのことであるから、歴史建造物や庭の存在とは、何とも繊細なものであろう。長閑で平穏な世界を堪能する来訪者は、とてもあやうく、贅沢な時間を過ごしている、ということになる。
a0073387_22203958.jpg
16世紀以降、ブルトンの子孫が長らく所有してきたこの地を、スペイン生まれの医師、ジョアキム・カルヴァロが買い取り、現在の城と庭の原型をカルヴァロ自身の知見と理想によって造り変えているのだ。それまでの庭はもっと小規模で、その時々の流行を取り入れ、風景式庭園があった時代もあるという。カルヴァロは、ルネサンスという精神性にこだわり、庭を露壇型に造成すると同時に、各レベルに異なるコンセプトの庭を計画する。また、「愛の庭」と呼ばれる城館南側のチューリップの咲く庭は、知人のスペイン人アーティスト、ラザーノに依頼し造らせる。しかし、一番大面積を占める「菜園」の方は、ほぼ自身の手によってデザインし、1918年に完成させている。
a0073387_22193127.jpg
そう判って見直してみると、イタリアの往時ルネサンス期からある庭園より、擁壁の石の張り方、階段のつくりも遥かに新しく、近代的な精度である。またこの極度に洗練された幾何学形状も、モダニズムが隆盛するその時期のメンタリティの一面を体現しているようにも思える。ルネサンス庭園が持つ強固な軸性や、中世の庭園のような内向的な求心性も感じない。
a0073387_2219189.jpg
ルネサンス露壇型庭園に特徴的な異なる視線の高さから庭を楽しむことの出来るという視点移動は、確かに全体の主要な構成をなすが、そのもっと先には、更に真上からの俯瞰的な視点と、無限に拡張する近代のグリッドシステムのような指向性すら内包しているように感じる。

そしてこの拡張性は実際、子どもの遊び場に供する「芝生広場」や、「クマシデの迷路」などがつい近年に追加されていることからも、実践されているのだ。城館や庭の設備の修復、日々の刈り込みや植え替えなど、歴史建造物ゆえのオリジナリティの尊重に加えて、植物の成長と同時に、庭自体の変化と進化を許容すること、これがこの庭の生命維持システムなのである。
a0073387_22204927.jpg

a0073387_22194179.jpg
20世紀初頭につくられたルネサンス様式ということを意識して見ている人は恐らく稀であろう。庭園を目の前にして、歴史を辿り、悠久の時間に思いを馳せる、史実と無垢なツーリズムの倒錯は、ついぞ陥る罠である。敢えてその術中に嵌って、十分に楽しむことが出来たとしたら、それは、デザイナーなり、オペレーターなりが優れている証左であり、素直にそれを賞賛すれば良いのであるが。
a0073387_22202319.jpg
(yng)
[PR]
by mindscape-ltd | 2008-09-01 22:51 | travel


link
Mindscape
以前の記事
ブログパーツ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧