mindscape blog
by mindscape-ltd
<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
風がふくごとに変わる風景 ー サハラ砂漠
a0073387_21381764.jpg
a0073387_21382927.jpg
a0073387_21384027.jpg
a0073387_21392934.jpg
a0073387_21384761.jpg

[PR]
by mindscape-ltd | 2011-02-22 00:41 | 動くランドスケープ
ユーカリの大木
a0073387_10164250.jpg
日本ではちょっと珍しいユーカリの群植。しかもいずれも高さ10m以上。日本の夏の湿気と強風に弱いと言われていますがよくここまで育った。やはり、周辺とはかなり異質な林園をつくっている。横浜の金沢自然動物園、コアラ館隣の広場。
a0073387_1017837.jpg
a0073387_10171242.jpg
a0073387_1017337.jpg
a0073387_1017047.jpg
a0073387_10165174.jpg
a0073387_10165661.jpg

[PR]
by mindscape-ltd | 2011-02-15 17:54 | plants
地球のテクスチュアとコラージュ
a0073387_2173215.jpg

a0073387_2175064.jpg

この絵は、ちょうどGoogle Earth が普及しはじめた5年程前、大学の授業の中で学生たちに好きな町をGoogle Earth で探索して、任意の場所を1/5000の同スケールで30cm角に切り取って出力したものをコラージュにしたものである。(実際の選定は、バリエーションを出すために世界中の場所と用途に調整した)当初この狙いは、世界中の様々な町(特に住宅街)や農地等のスケールを比較してみることであったが、結果的に写真として切り取った絵をパラレルに並べてみたら、単なる宅地や農地であっても、視覚的に見えてくる地表のテクスチュアの豊富さにみんなで感動した。これを色々な組み合わせで並べ替えたり、別のまた違うテクスチュアーを探し出したりと、この年の授業の大半の時間を費やしてしまった。当初Google Earth はスクロースしながら場所をリニアに移動して捉えたり、スケールをマクロからミクロに移動して見えることがたまらなく面白いと思っていたが、このように場所を切り取ってコラージュしてしまい、テクスチュアとして見る視点も意外と楽しい発見があり、自身の「移動するランドスケープ」というテーマにも大いなる示唆を得ることが出来た。
[PR]
by mindscape-ltd | 2011-02-11 00:37 | daily
テオ・ヤンセンのディテール
a0073387_11563740.jpg

未来科学館でのテオ・ヤンセン展は、実に興味深い。まず第一にこれらの作品が「機械」でも「ロボット」でもなく「新しい生命体」と位置づけられているところが、とても示唆に富む。「風食動物」なる一連の生命体は、風という自然の現象に呼応して動くという他律的な原理に拠っており、装置が「器官」として合理的に組み立てられていることが良く解る。そこには、脳的もしくは感情的な行動原理を一切排除しても「生命体」たることのメッセージが読み取れる。第二にこの動物を構成するパーツが、プラスチック製のチューブであること。ペットボトルや、ビニール製の風を受ける帆、更に風を送る柔らかいホース、ビニール製結束バンドや、初期作品では粘着テープも。これらの最少素材による簡素な組み立てが、やがて巨大化して若干の複雑さを帯びる感じ、前世紀末に一世を風靡した「サイバーパンク」的デザインを少々想起もさせるが、孤高な雰囲気の一方で、より楽観的な未来感を漂わせている。
a0073387_1156439.jpg
a0073387_11572493.jpg
a0073387_1157684.jpg
a0073387_11571292.jpg
a0073387_11571819.jpg
a0073387_1157284.jpg
a0073387_11564958.jpg
a0073387_11565439.jpg
a0073387_1157123.jpg

[PR]
by mindscape-ltd | 2011-02-08 00:28 | daily


link
Mindscape
以前の記事
ブログパーツ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧